蜂起/野戦攻城2017@駒場

7月29日(土)にシンポジウム「蜂起/野戦攻城』を開催いたします。ジョルジュ・ディディ=ユベルマンが監修した「蜂起」展(パリ、2016-2017)の「拡張」をめざす院生企画のパフォーマンスとパネル・プレゼンテーション、水族館劇場を主宰する桃山邑氏をゲストに迎えての発表と討議など、盛りだくさんの内容です。何卒お運びをください。

 

シンポジウム「蜂起/野戦攻城2017@駒場 「出来事」(として)の知

2017年7月29日(土)14-18時

東京大学駒場キャンパス 18号館ホール

事前予約不要・入場無料

問い合わせ先:uprisings.2017.komaba@gmail.com

Twitter:@Uprisings2017

第1部 蜂起——The Humanities Are Rising Up(人文蹶起)院生企画

G. ディディ=ユベルマン「蜂起(Soulèvements / Uprisings」展を拡張する

・パフォーマンス「蜂起の風、あるいは残存するトラクト」

三浦翔(演出)、一之瀬ちひろ、木下紗耶子、小手川将、田口仁、田中卓郎

・パネル・プレゼンテーション

乙幡亮、加藤杏奈、相馬尚之、谷口奈々恵、田村正資、半田ゆり、山本博士

 

第2部 野戦攻城——藝能としての知

・桃山邑(水族館劇場)「藝能としての建築」

・田中純(東京大学)「(非)知の地震計たち」

・総合討議「出来事(として)の知へ向けて」

コメンテイター:桑田光平(東京大学)、森元庸介(東京大学)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です