蜂起/野戦攻城2017@駒場

7月29日(土)にシンポジウム「蜂起/野戦攻城』を開催いたします。ジョルジュ・ディディ=ユベルマンが監修した「蜂起」展(パリ、2016-2017)の「拡張」をめざす院生企画のパフォーマンスとパネル・プレゼンテーション、水族館劇場を主宰する桃山邑氏をゲストに迎えての発表と討議など、盛りだくさんの内容です。何卒お運びをください。

 

シンポジウム「蜂起/野戦攻城2017@駒場 「出来事」(として)の知

2017年7月29日(土)14-18時

東京大学駒場キャンパス 18号館ホール

事前予約不要・入場無料

問い合わせ先:uprisings.2017.komaba@gmail.com

Twitter:@Uprisings2017

第1部 蜂起——The Humanities Are Rising Up(人文蹶起)院生企画

G. ディディ=ユベルマン「蜂起(Soulèvements / Uprisings」展を拡張する

・パフォーマンス「蜂起の風、あるいは残存するトラクト」

三浦翔(演出)、一之瀬ちひろ、木下紗耶子、小手川将、田口仁、田中卓郎

・パネル・プレゼンテーション

乙幡亮、加藤杏奈、相馬尚之、谷口奈々恵、田村正資、半田ゆり、山本博士

 

第2部 野戦攻城——藝能としての知

・桃山邑(水族館劇場)「藝能としての建築」

・田中純(東京大学)「(非)知の地震計たち」

・総合討議「出来事(として)の知へ向けて」

コメンテイター:桑田光平(東京大学)、森元庸介(東京大学)

ヴェネチアの中の日本

直前にてのご案内となりまことに恐縮ですが、下記の要領でアーテストトークを開催いたします。ふるってご参加くださいますよう、お願い申し上げます。PDFはこちらから。

岩崎貴宏(2017年ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館代表) アーティストトーク
ヴェネチアの中の日本

2017年6月9日(金)18時~19時30分
東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム1
来聴自由・予約不要
モデレーター:加治屋健司(東京大学)

現在、イタリアで開催されている第57回 ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展、その日本館での個展「岩崎貴宏 逆さにすれば、森」を中心に、これまでの制作活動を振り返るアーティストトークです。

岩崎 貴宏(いわさき たかひろ)
1975年広島県生まれ、広島県在住。広島市立大学芸術学研究科博士後期課程修了。エジンバラ・カレッジ・オブ・アート大学院修了。2015年、ニューヨークのアジアソサエティにて個展、同年、黒部市美術館と小山市立車屋美術館で個展を開催。第10回リヨン・ビエンナーレ(2009)、ヨコハマトリエンナーレ(2011)、第7回アジア・パシフィック・トリエンナーレ(2012)、2013アジアン・アート・ビエンナーレ(国立台湾美術館)、第8回深圳彫刻ビエンナーレ(2014)などの国際展、「六本木クロッシング2007 未来への脈動」(森美術館、2007)、「日常の喜び」(水戸芸術館現代美術センター、2008)、「trans×formーかたちをこえる」(国際芸術センター青森、2013)、「日産アートアワード2015」(BankART Studio NYK)などグループ展への参加多数。ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展(2017)日本館代表。

主催:科学研究費・基盤研究(B)「文芸諸ジャンルにおけるリアリティ表現の比較に基づくリアリズム概念の総合的再検討」(研究代表者:田中純)