[パフォーマンスその他]
2006 2.28 中国・南京大学表象文化論集中講義プレイベント(南京市梅花節協賛行事)
「能楽ワークショップ」(観世流・関根祥六、関根祥人)
2005 10.3 演奏会「ルネッサンス・バロック期のリュート音楽──ヨーロッパの宮廷で愛用されたリュート」名古屋リュート研究会
2002 7.4/5 ダンス・パフォーマンス「モリッサ・フェンレイ ダンスの夕べ」
モリッサ・フェンレイ ダンスの夕べ
1999 6.1 「ラブレー 言葉の発明工房」
フランソワ・ボン、ディディエ・ガラス、荻野アンナ、パトリック・ドゥ・ヴォス(司会)
9 「ワークショップ」 ジョン・ジェスラン
7.1/2 舞台劇術の伝統と現在──京劇(東京京劇団、飛)[7.1]
狂言(野村萬斎、野村万之介、高野和憲)[7.2]

舞台劇術の伝統と現在(京劇/狂言)

1998 11.16/17 講演と映画上映「Documenting the American Institutions──現代アメリカの切片」フレデリック・ワイズマン
7.17 パフォーマンス「始まりのない終わり」 表象文化論を中心とした学生たち

始まりのない終わり

7.2 朗読パフォーマンス「<書物>──精神の楽器としての」 松浦寿輝(作)、パトリック・ドゥ・ヴォス(演出)、岩佐鉄男(制作)
1996 1.22 「耳のための映像」 ルベ・マニュエル、前林明次、高橋幸世
1994 6 イッセイ・ミヤケ ポスター展
1993 4.21 講演と映画上映「失われた映画を求めて」 山根貞男・松浦寿輝(司会)
1992 6.16 「レンフィルム映画人をかこんで」
アレクセイ・ゲルマン、スヴェトラーナ・カルマリータ、ヴィターリ・カネフスキー
1989 10.31 映画上映会「世紀末のウィーン──ヨーロッパ芸術の冒険」 神品芳夫(解説)
1988 5.7 表象オペラ劇場 ワーグナー『タンホイザー』 高辻知義(解説)*他、計12回
4.23 表象オペラ劇場 ビゼー『カルメン』 杉橋陽一(解説)